本日もスピリチュアル

占い(マヤ暦、占星術、タロット、カード各種)、心理学(カラータタイプ)に突然目覚め、スピリチュアルとは何か?について、日々検証中

潜在意識と、顕在意識  私は90%の無意識でできていた

 

40代にして突然占いに興味を持ち、

遂には人の鑑定まではじめました、アシュタです。

 

私が、どのようにして占いやスピリチュアルに出会い、

人を鑑定するようになったのか、その最初の一歩のお話、

第7弾です。 

 

 

潜在意識、無意識ってなに?

 

オラクルカードの説明で、

避けては通れなかった、高次の存在。

高次の存在が潜在意識とつながることで、

カードを通して、自分に必要なメッセージが、

分かるのだそうです。

 

潜在意識・・・

 

ここでも、高い壁がそびえていました。

 

そこで登場したのが、心理学者のフロイト

大学の時にうっすら習った記憶。

教養課程の時に、心理学取ったような記憶。

ユングフロイトだった気がするけど、

結局、大人になった今では、

それがなんだか分かっていないのが現状です。

教授、申し訳ない。

 

海に浮かぶ氷山って知ってる?

とのことで、有名らしい図がありました。

昔、見たことある気がしましたが、

残念ながら、覚えてない。

 

 

 

海に浮かんでいる氷山は、

てっぺんの部分がちょっと海面に出ているだけで、

大部分は海の中に沈み、上からは見えないそうです。

人間の意識もそれと同じ。

 

 

 【顕在意識】

  • 自分が把握している
  • 理性的な部分
  • 自分の意思を伴う
  • 自覚あり
  • 全体の10%

 

【潜在意識】

  • 自分が把握していない
  • 無意識な部分
  • 意思を伴わない
  • 自覚なし
  • 全体の90%

 

顕在意識、10%でも弱いなあー、

と思ったのですが、実際には、

5%とか3%とか言われているそうです。

自覚弱すぎ。無意識最強。

 

ということは、普段、いろいろ考えているようで、

実際は90%の無意識に押されっぱなしで、

自分の思考なんて、ミジンコレベルってことでは?

 それって、なんか悲しい。

というか切ない。

それより、腹立たしい。

一生懸命考えてる「つもり」で、

なーんも意識してない90%が幅利かせてるって、

考えてるのがバカみたいってことですか?

そういうことは、一応便宜上でもいいから、

私に許可取ってから、やってくんないですかね?

 

と言ってみても、無意識先輩は聞いてくれないのです。

何しろ90%ですから。

圧倒的優位なんで。

私のミジンコ意識なんぞ、ぽーんと軽く吹っ飛ばし、

無意識先輩が、主導権を握っていらっしゃる。

 

人間って、切ないのね。

私の考えなんて、ちっぽけなのね。

 

 

 

無意識ってすごいらしい

 

しかし、本当かどうかは別にして、

無意識のことを、講師から聞けば聞くほど不思議で、

ミジンコ意識が、とうてい追いつけないほどの、

驚異の能力を持っていらっしゃる様子。

 

生まれた時からの記憶

生まれる前の記憶

 

全部覚えているようです。(マジか?)

意識では、すっかり忘れているようで、

無意識先輩は覚えている。

にわかには信じがたいんですが、

突然、何かのきっかけで思い出したりする記憶は、

この無意識レベルのところから、意識レベルに、

記憶を引っ張ってきて、思い出す、

というメカニズムらしいです。

 

 

 

書き換えまでできてしまうらしい

 

そして、無意識、潜在意識はさらに、

驚きの能力を持っているのです。

それが、

 

「記憶を書き換える」

 

 

書き換える?ですと?

 

 

無意識のレベルでは、

今も過去も未来も、時間感覚がなく、

ぜーんぶ「今」になっちゃうそう。

だから、昔、嫌なことがあったりすると、

それを今のことと、考えちゃうそう。

例えば、小さい頃に雷が近所で落ちて、

それが火事になって、すごくこわい思いをした場合。

今でも雷が鳴ると、落ちてもいないし、

火事だって起きていないのに、

「こわいよー。火事になっちゃうよー」

と、無意識が大騒ぎして、本当に怖くなっちゃう。

のだそうです。

便利なんだか、面倒なんだか。

 

だけど、この「雷こわい」を、

「雷なんて、怖くないぜ」

「雷って、キレイじゃね?」

てな感じに、記憶を書き換えちゃうと、

そのあとは、あんなに怖かった雷があら不思議。

「キレー」

「雷?なにそれ、ただの音?」

となってしまうのだそうです。

便利なんだか、単純なんだか。

 

 

そして、無意識先輩は、

ミジンコ意識の私たちの知らないことを、

全部知っているらしい。

本当はなにがしたいのか。

なにが好きなのか。

なにが嫌いなのか。

今後、どうしたらいいのか。

 

 

確かに、自分のことを知っているようで、

実はいちばん知らなかったりしますよね。

ミジンコ意識が、いろいろ考えちゃうからかな。

 

 

カードは無意識とつながるツール

 

そんな、自分も知らないことを教えてくれる、

無意識(潜在意識)と繋がれるのが、

なんと、オラクルカードだというではありませんか!

 

カードを引くときに、無意識先輩が力を発揮して、

今の自分に必要なメッセージを、

カードを通して教えてくれるのだそうです。

 

ええ、そんなことできるんすか?

ってか、全部信じがたいんですけど。

 

 

正直、一番最初にこの講座を受け始めた最初には、

このことを、さっぱり信じていない私でした。

だって、そんなこと、信じられます?

無意識が自分の90%を形成しているからと言って、

そのこと自体、まず信じがたい。

というか、信じたくないでしょ?

そうでしょ?

 

これでも、40年以上、生きてきたんです。

嫌なこともあるし、辛いこともあるし、

それでも、一生懸命、

その時その時、最善だと思う方を選んで、

今の自分があるっていうのに。

実は無意識の方が、強いんだぜって、

信じたいわけがないでしょうよ。

一生懸命、考えてきたつもりのミジンコ意識が、

かわいそうじゃないの!

(ミジンコ意識って言っちゃってるけど)

 

 

信じてない、半分

むかつき、半分

 

で、ほぼ疑ってかかっている私はこの後、

実際にオラクルカードを扱うことになるのですが、

そこで、私はカードの凄さを見るのです。

 

 

スポンサーリンク