本日もスピリチュアル

占い(マヤ暦、占星術、タロット、カード各種)、心理学(カラータタイプ)に突然目覚め、スピリチュアルとは何か?について、日々検証中

目に見えない世界を信じることが、できるか否か 「高次の存在って何?」

 

40代にして突然占いに興味を持ち、

遂には人の鑑定まではじめました、アシュタです。

 

私が、どのようにして占いやスピリチュアルに出会い、

人を鑑定するようになったのか、その最初の一歩のお話、

第6弾です。 

 

 

高次の存在って何?

 

 

 講座では、まず最初に、

「オラクルカードとは何か?」について説明がありました。

私が事前に検索した通りでした。

 

「神託」神様のお告げ、おぼしめし

を受け取ることができるカード

 

それが、オラクルカード。

そしてメッセージを伝えてくれる存在が、

「高次の存在」と呼ばれるもので

天使、*1、女神、宇宙、

神様、妖精、人魚、ユニコーン、地球、自然

といった、種類があるそうです。

 

 

ここでつまずき、第一弾。

 

「高次の存在って何ですか?」

 

初めて聞いた言葉でした。

いや、高次の存在って、意味は分かりますよ。

次元が高い、水準が高いってことでしょ。

そういう存在なんだな、と意味は分かるんだけど、

それって、具体的には何なんですか?

 

高次の存在とは、

人間よりも次元の高いところにいる存在だそうです。

簡単に言えば、キリストとか、ブッダとか、神様とか、

そういう存在のこと。

ほほう。

神様カードとか、キリストカードなら分かるんですが、

天使とか妖精とか宇宙とかって、

人間よりも高次なんですか?

というより、人間が作り出したものではないんですか?

まあ、そう考え出しちゃうと、

神様だって、人間が作り出した、

信仰の対象になるんでしょうけど。

 

基本的に、高次の存在は目に見えるものではなく、

感じるものだそうです。

天使とか妖精とか、見える人もいるらしく、

それは、きちんとした姿形があるわけじゃないけど、

「何となくこれは天使だ」と感じたら、

天使なんだって。

そうなの?

そんな便利なものなの?

 

来てください、とお願いしたら、

来てくれるのだとか。

これってもう、やりすぎ都市伝説じゃないか。

「信じるか信じないかは、あなた次第」

の世界だなあ、と思いながら聞いておりました。

 

恐らく、私がポカンとしていたので、

もう少し説明してもらったのですが、

高次の存在とは逆に、

低次の存在、というものがいるそうです。

 

高次の存在は、高次の霊界(神界)で、

神様に近い、霊的に格が高いということ。

低次の存在は、低い霊界で、

心霊現象とかを起こす、霊のことらしく、

人間に近く、霊的に格が低いのだそうです。

よくない意図を持って人間に近づいて来るのは、

低次の存在で、エネルギーがよくないそうです。

 

む、むずかしくないですか?

 

私なりに解釈した感じでいうと、

こういうことみたい。

(間違ってたら教えてください)

 

【高次】

神様

女神

天使

妖精

人間

【低次】

 

だけど、低次の存在でも、

人間よりは上ってことらしいです。

それがまたややこしい。

 

見分ける方法はないのか、と聞いてみたら、

高次の存在と低次の存在とでは、

くれるメッセージが違うのだそうです。

 

 

【高次からのメッセージ】

  • 一貫性がある
  • ポジティブで自信が持てる
  • 愛に満ちている
  • 助けてくれるメッセージ



【低次からのメッセージ】

  • 内容がバラバラ
  • 悪意が感じられる
  • 言葉が汚い
  • 傷つけるようなメッセージ

 

 

高次の存在だと、愛があって優しくて、

低次の存在だと、悪意があって優しくない。

それだと、何となく分かるような気がしました。

まあ、そういった存在とつながったこともなければ、

声を聞いたことのない私には、ぼんやりでしたけど。

 

 

でも、おもしろい発見もありました。

よく目に見えない存在と繋がれるとか、

声が聞ける、見えるという人がいたりしますが、

それって、高次とつながってるか、低次とつながってるか、

どっちかよく見極めてね、とのことでした。

何しろ、高次でも低次でも、

人間よりは上の、見えない存在。

だから、自分に霊感があって見えるとか、

霊的存在が分かるとかいう人も、

どこにつながってるかが重要だから、

そういう人と会ったら、

高次か低次か、こっちが判断しなくちゃってこと。

ご本人は、高次とつながってるか、

低次とつながってるか、

意識してない場合も多いのだそうです。

 

 

「見える」「聞こえる」人が言うことが、

悪意があったり、人を傷つけることばっかりだったら、

「これは低次ではないか?」と疑うのも大事。

どうせ、そういう人に話を聞くんだったら、

優しいこと言われた方がいいもんね。

 

 

基本的に、見えないことは疑ってかかりますが、

そういう世界もあるんだろうなー、

ぐらいには思っているので、

このお話は、とても興味深かったです。

  

がしかし、私にはまだまだ高いハードルが、

次から次へとやって来るのです。

 

恐るべしスピリチュアル。

 

 

 

*2

天界にいる高尚な魂を持つ人たちのこと。

代表的な存在としては、イエス・キリストブッダ

過去に人間として地上で生活した後、

天界で神の視点から人間をサポートしている。

ガネーシャもそうなんだってよ!

(あれ?ガネーシャってゾウじゃなかったっけ?)

 

 

*1:アセンテッドマスター

*2:※アセンテッドマスターとは?

スポンサーリンク