本日もスピリチュアル

占い(マヤ暦、占星術、タロット、カード各種)、心理学(カラータタイプ)に突然目覚め、スピリチュアルとは何か?について、日々検証中

それはオラクルカードから始まった

 

40代にして突然占いに興味を持ち、

遂には人の鑑定まではじめました、アシュタです。

 

私が、どのようにして占いやスピリチュアルに出会い、

人を鑑定するようになったのか、その最初の一歩、

第2弾のお話です。

 

 

オラクルカードって、いったい何?

 

本を読む講座が順調に終わり、

その後、星の流れから1年を読み解くという講座になりました。

生年月日から自分の季節を割り出し、

1年の流れを見ていくものだったのですが、

流れを読むよりも、私が興味をひかれたものがありました。

 

「あなたの来年を、1ヶ月ずつカードを引いて、みてみましょう」

 

講師の方がそう言って、あるカードを取り出しました。

それに私の目は釘付けになりました。

 

 

「日本の神様カード」

 

 

 

初めて見た、そのカードは、

トランプより一回り小さい、名刺より少し大きいサイズ。

カードの裏側には「三つ巴」の紋のような模様が描いてあり、

カード面には、独特な神様たちの絵が描いてあったのです。

 

見た瞬間、なんだか分からないけど、

神様と三つ巴に異常に反応してしまい、

これは何だと質問すると、こんな答えが返ってきました。

 

 

「オラクルカード。日本の神様カード」

 

 

・・・・・。

あの、大変申し訳ないんですが、

オラクルカードって、いったいなんですか?

 

 

 

タロットカードはかろうじて聞いたことはありましたが、

オラクルカードが何なのかは、さっぱり知りませんでした。

今まで見たことないし、聞いたこともない。

これって有名なんですか?

というより、世間のみなさまはご存知で?

オラクルカードって、一般的なものなんですか?

私、全く分かりませんけど。

 

「オラクル」とは「神託」という意味だそうです。

その時は、神託の漢字すら分からなかったので、

「しんたく」ってなに?

信用金庫のこと?

投資信託

ぐらいのレベルでした。お恥ずかしながら。

 

講師に質問すると、

オラクルカードとは、そのカードを引いた人に、

その時、必要なメッセージを教えてくれるものだそうです。

 

がしかし、これも分からない。

必要なメッセージとはなに?

それを教えてくれるってどういうこと?

しかもカードが?

 

その時は、正直、全然意味が分かりませんでした。

だけど、分からないからこそ、知りたい。

分からないけど、めちゃくちゃ気になる。

 

とにかく、カードを引いてみましょう!

と、来年1ヶ月ずつカードを引き、

その意味を、カードの説明書でみてみる、

という、不思議なカードリーディングが始まりました。

 

 

私の1月は「おおやまくいのかみ」

2月は「はやあきつめのかみ」

と、毎月カードを引くと、

日本の神様たちが、私の来年に必要なメッセージを、

教えてくれるらしいのです。

 

説明書を読むと、その神様ごとのメッセージが書いてありました。

そして、その神様が祀ってある神社も。

「カードの意味を受け取ってもいいし、

 その神様のいる、神社に行ってもいいし、

 使い方はいろいろ出来ます」

と聞いて、ますますテンションが上がりました。

 

信心深くはないけど、神社は好きだった私。

何だか空気がいい気がするので、神社散策はよく行ってました。

ただし、信心深くないせいか、

どこの神社にどの神様がいるかなんて、

そんなことは全く知らなかったのですが、

日本の神様カードを見たら、ピンと来たんです。

 

これって、好きな神様がいる神社にいけばいいんじゃないの?

好きな神社に、どの神様がいるか分かるんじゃないの?

 

 

1月は「おおやまくいのかみ」

その神様が祀ってあるのは、

その日、講座をやっていた滋賀県日吉神社

 

 

おおお!なんかキテる!!!

 

 

何がキテるのかは、イマイチ説明できませんが、

ひたすら興奮したのを覚えています。

なんかよく分かんないけど、おもしろい。

とにかくカードがかわいい。

日本の神様おもしろい。

これって、なんか楽しい!!!

 

 

その時は「1年の流れを読む」という講座だったので、

カードはあくまで、おたのしみの一環。

実はもう1種類、カードを引かせてもらったのですが、

それの記憶がほとんどありません。

そのぐらい、日本の神様カードかわいい!で、

頭が沸いていたんでしょう。

 

 

1日が終わって、午前中にやった20分で本を読む講座も、

そのあとの1年の流れを読む講座も楽しかったのですが、

私の中に一番印象が残っていたのは、

「日本の神様カード」でした。

 

 

スポンサーリンク