本日もスピリチュアル

占い(マヤ暦、占星術、タロット、カード各種)、心理学(カラータタイプ)に突然目覚め、スピリチュアルとは何か?について、日々検証中

40代、スピリチュアルとの出会い

 

40代にして突然占いに興味を持ち、

遂には人の鑑定まではじめました、アシュタです。

 

私が、どのようにして占いやスピリチュアルに出会い、

人を鑑定するようになったのか、その最初の一歩のお話です。

 

 

出会いは突然に

 

40歳を過ぎるまで、占いについてさっぱり興味がなく、

星座でも、血液型でも、型にはめられるのが心底嫌いでした。

 

「今月のあなたの運勢」という記事は興味なく、

「アシュタちゃんは大殺界だね」と言われても「ふーん」と他人事、

当然、タロットや手相も見てもらったことがありません。

 

六星占術が流行った頃、

「○○星人だ」と言われたのですが、

これがさっぱり覚えられない。

自分が覚えられるのは、干支と血液型と星座ぐらい。

本当に占いに縁がなかったのです。

 

もちろん、スピリチュアルにも興味がありませんでした。

スピリチュアルといえば、「怪しい」というイメージのみ。

宗教は日本以外の人たちが信じていることもあるし、

自分も仏像や曼陀羅や神社は好きなので、

信仰心はないけど、興味はある。

だけど「スピリチュアル」となると、

やばい、こわい、怪しい、入っちゃダメな世界。

と、勝手に思い込んでいました。

そして、近づくことさえしておりませんでした。

 

 

しかし、あるカードとの出会いが、

そんな私を、変えたのです。

 

 

 

読書が好きな私は、

もっとたくさん本が読めたらいいなーと、

本が20分で読める、という講座に、

気軽な気持ちで参加しました。

その講座の後に、その読書法を開発した方が担当する、

「来年1年を読み解いてみよう」という講座もあったのです。

 

講座は滋賀県でありました。

せっかく名古屋から滋賀に行くんだったら、

ついでにその講座も受けてみようかな。

と、ほんの出来心で参加した講座で、

私はスピリチュアルとの出会いを果たすのです。

 

 

占いも、スピリチュアルも「疑わしい」と思っていた人間が、

なぜ、その世界に足を突っ込み、

今では友達に「大丈夫か?」と言われながら、

人の鑑定までするようになったのか。

その軌跡のお話。

長くなりますが、

お付き合いいただけたら、幸いです。

 

 

 

スポンサーリンク